URS

プランBで行こう
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ペン軸が廃盤。

長年愛用しているペン軸が、グリップ部分のスポンジがぼろぼろに。
東京スライダのSL1050

…で、買いなおそうかと思ったら、なんと廃盤になっていたのでした。
(上記の公式サイトには載っているんだけど、通販はだいたい全滅)


とりあえず、手持ちのペン軸を試す。
あるのはデリーターのフリーペン軸。そして、見た目がキラキラしてたから買ったタチカワの新しいクリアペン軸。
同じく東京スライダのSL1060。


フリーペン軸は、何故か人差し指が痛くなるという。
なんでや、と思ったら、私の持ち方のせいだった。人差し指にぐっと力が入っていたらしい。
今まで使っていたペン軸の、グリップ部分のほにょふにょは伊達ではなかったのだ…。なんてこった。

で。
同じような素材がグリップ部分で使われているSL1060。
いい感じではあるんだけど、ペン軸を入れる部分がSL1050とは違って、金属。ペン先のすわりが悪い。

で、結局ぼろぼろの1050を使うっていうね。


それから、グリップ部分がラバー素材になってるタチカワのフリーペン軸を買ってみたんだけど、
結局ラバー素材だと固いみたいで、人差し指が痛いっていうね。


どうしたもんかのぉ、と思っていたんだけど、
「せや…。ぷにゅぷにゅしてるグリップを買ってきてペン軸に装着すればええんや…」
…と思い立って、買って来ましたぶにゅグリップ。

デリーターのペン軸に装着。どうにか入って、結構いい感じ…ではあるんだけど、
ペン軸+グリップで太い_(┐「ε:)_
丸ペンを使う分には全然おkという感じだけど、メインに使う日本字ペンが使いにくい。


と、いうわけで、細身(らしい)ペン軸をポチっとな。
試すのが楽しみである。

しかし、だ。
この買ったぶにゅグリップなのだけど、普通にスーパーで売ってたものなのだよね。
子供用文具売り場、とでも言うべきか。

つまり、子供が鉛筆で使うためのものであって…。


におい付きなんだなこれが。


ペン入れ中、ほのかに香る、いちごの匂い。




そして、思いのほか丸ペンの消費が激しく、先月画材の通販をしたばかりだというのに今再び通販である。
今、夏のコミックセール中でよかったね。
画材関係。 | - | - | 秋風

来るのが楽しみ。

前々から欲しかったコニック瓶を申し込みました。


アナログペン入れマン的には、これはねぇ、マジで求めていたインク瓶なわけですよ…!

今は、製図用インクの瓶に墨の華を使う分だけ入れて使ってるんですけど、それでもやっぱり無駄にしちゃう量は多いからね。
かといって、入れる量を減らすとペン先つかないしすぐ悪くなるし。

コンタクトレンズのケースなんかを使ったこともあるけれど、安定性が無いからすぐやめたっけかなぁ。


そんなわけで、完成と届くのがめっちゃ楽しみですわ。うひょーっ!




そういえば、そろそろ原稿用紙がしけって来る季節が近づいてきたから、シリカゲル的なアレを用意しておかないとなー、などとぼんやり。
画材関係。 | - | - | 秋風

液タブのフィルム。

液タブのフィルムが傷だらけになったので買い換えました。

今まで使っていたのは以前の記事で書いたとおり。


新しく買ったのは、Cintiq13HD用。
エレコム ELECOM TB-WC13FLFA [ワコム液晶ペンタブレット用指紋防止フィルム 反射防止 13.3インチ]
(リンクはヨドバシ)。

三種類あるけれど、反射防止をチョイス。

貼り替えたのでレビュー。
ペーパーライクはめっちゃレビューあるけど反射防止はあまり無いみたいだから。

more >>
画材関係。 | - | - | 秋風

やはり新しいインクはいい。

墨の華、新しいボトルにしたらまぁ、やはりよいね。


そんな感じで、古い方はぽい〜で。
季節柄、大量にティッシュを消費してたもので、そこにインクを吸わせましたとさ。あーほんとくしゃみばっかしてるわ。


後は、また予約が開始したらコニック瓶を今度こそ買いたいなぁ、という感じかな。
多分、ペン入れだけはアナログのままやりつづけるだろうし。
はずれのペン先とかもあるし、インクや紙なんかに状態の影響も受けるし、毎度毎度同じ調子とはいかないけれど
(その辺は、やはりデジタルだといつも同じ感じでいいんだろうけどね)、
ペン入れだけはやはりアナログだなぁ、と思う次第。

デジタルでのペン入れへたくそだしね…。


インクを新調したところで、次はあれよ、液タブのフィルム。
傷がすごくなってきてすごい見辛くなってきた。これは買わねば。

今まで使っていたやつはもう売ってないみたいだけど、
今は液タブのモニタサイズジャストフィットのものがあるみたいだからそれをポチるかな。

ペーパーライク、っていうやつがなにやら評判がよいらしい。
…が、ヘタに摩擦が強いと私の右手が死ぬので、ツルツルでいいやね。
(板の方使ってた頃に、紙貼ったりビニールクロス貼ったりしてみたけど、摩擦が強いと確かにペン入れとかはしやすいんだけど、右手が死ぬというのがわかった)。


そういえば、トレース台のACアダプターも買い換えました。
と、いうのも根元のあたりが中の線が見えるようになっていたから。
絶縁テープをぐるっと巻いてはいたし、使えはしてたんだけどね。一応ね。

で。
買うに当たって、トレース台を通販したサイトを見てみたら、あらまぁ、更に高性能というか薄くなって安くなってやんの!
今はLEDが当たり前なんやねぇ…。
しかし、ちゃんとこういう付属品を販売し続けてくれていたからめっちゃありがたい。


次は作業用の眼鏡が欲しいな、と思いつつ。
今の眼鏡は車の運転できるようにしているんだけど、手元用かつPC用に一つ。

…だんだん「眼鏡つけかえるのめんどくせーわ」とか言い出しそうだけどもw
画材関係。 | - | - | 秋風

一周回って戻る。

結局スキャナを買いました。
キヤノンのCIS機をね。


結果的に、
「フォトショでは1200dpi取り込みしようとしてもメモリたりねーよっつって落ちる」
というなんとも変わらなかったわけだけど。

フォトショ起動しながら、スキャナソフト単体でスキャンするのは平気、まで同じだった。なんだよそれ。

で。
やっぱりピントが厳しいというか、修正液使ってちょっとでこぼこになっててもダメ、みたいな感じで。
あとはもう原稿を原稿台にのせたときに、浮かないようにする、という感じでどうにか線がドラフトする現象は抑えられたかな。

もしかしたら、なんだけど、今まできっちり確認してこなかったから気づかなかっただけで、前の複合機でも同じことが起こってていたのかもしれないね。

もうあとはCCD機を買うしか選択肢はないわけだけど、ぶっちゃけ置く場所がない(遠い目)。
作業スペースの模様替えをすればどうにかなるとは思うけれどね…。

スキャン精度に関しては、ピントが合えば文句は無いから、ほんと禁修正液やな、と思いましたとさ。

あ、多分ねぇ、メモリ足りない云々は私のPC環境のせいもあるだろうから。前の複合機では出来ただけに解せないけど。フォトショだけでなく、クリスタでもダメだったんだよなー1200dpi…。
600取り込みじゃあかんのか? という話だけどあかんのだ。細い線が死ぬ。
最終的に600にするんだけど、1200スキャンからの補正の方が圧倒的に線が綺麗なのでな。



それから、原稿用紙とインクの話。
なんか、墨の華が薄い。なんだろう、買ってからしばらく使わなかったせいなんだろうか。
線を引いた角度によってはめっちゃ薄い。
原稿用紙も、新宿Tools特製原稿用紙のピーチケントが書き味最高ではあるんだけど、紙の目のせいなのか細い線がめっちゃかすれてしまうのが悩みで。

で、結局ICに出戻ったわけで…。
元々、ICを使わなくなった理由が「スキャン時に罫線を拾って、補正後にそれが残ってゴミ取りめんどくせー」だったわけ。
無地使えば別にへーきへーき、と相成りました。

ちょっとツルツルして滑るんだけど、細い線の再現性を取るとこうなった。

インクも、二年ぐらい前に買って放置していたアートカラーの漫画インクを思い出して使ってみたんだけど、存外これがいい感じで。難点は小瓶売りでその瓶の入り口が小さいことかしらね。
スポイトでとってあいてる製図用インクの瓶につっこんで使ってみたけど。


そろそろ、また色々画材を試す時期なのかな、みたいなのを感じつつ。
ここ数年紙もインクも固定して使ってきたけれど、昔合わなかったものが今なら合う、みたいなのはきっとあるだろうし。


で、結果的に一枚試しただけの原稿用紙が残ってるわけですが。これどうしようね。
画材関係。 | - | - | 秋風